東京・世田谷にて野菜卸・青果卸。野菜ソムリエの過去のブログ

旬の野菜

2014年02月07日

日向夏

%E6%97%A5%E5%90%91%E5%A4%8F.JPG

都内では立春の日に雪がふりました。

雪の日には炬燵でみかん それが子供の頃の定番でしたが

最近 みかんの需要と生産量が年々減少しています。

たしかに炬燵も我が家にはありませんがみかんの売れ行きも今ひとつ

日本は本来柑橘類の豊かな国 愛媛 鹿児島 熊本 静岡 湾の海辺には

温暖な気候と海からの潮風の恩恵によって多くの種類の柑橘類が生産されています。

写真は日向夏です。柚子の突然変異から出来たレモン色の柑橘です。

今 出回っているものはハウス栽培のため形もよく傷もありません。

料理の器としては最適です。


投稿者 maruyasu : 06:22

2012年11月12日

ラフランス

%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9.png

ラフランスの入荷がスタートしております。

不正円で果皮部に見られる斑点は外見上よろしくないですが、

味は皆さんご存知の通り、この時期の代表的な果物ですね。

濃厚な甘みと滑らかな舌触り、上品な味は、お客様から納品品種の指定を受けるほどです。

フランスより伝来しましたが、気候が適していないなどの理由により、

本国フランスではほとんど生産されておりません。

国内の主産地は、山形と長野です。

収穫直後は実が固く、甘みも少なくおいしくないですが、

常温で10日~2週間前後追熟させることにより、生食に適した状態になります。

ちなみにこの追熟期間中に、でんぷんがショ糖、ブドウ糖、果糖になることで甘みが増すのです。

外見では、枝に近い上部が褐色を帯びて柔らかくなったら食べごろです。

触感上は、赤ん坊の頬ぐらいといわれております。

季節限定のラフランス、是非ご賞味ください。


投稿者 maruyasu : 11:18

2012年08月21日

西瓜

suika.JPG

残暑厳しい8月です。

夏の水分補給には西瓜が1番。

西瓜の成分は、ごくわずかな糖分以外は

すべて水分とされていましたが、最近アミノ酸の一種であるシトルリンや、

トマトでお馴染みのリコピンの含有量が高いことがあきらかになりました。

シトルリンは糖尿患者の血糖コントロールに効果があり、

リコピンはご存知の通り抗酸化作用があります。

昔は八百屋で西瓜はまるごと一個売りが定番でしたが、

今ではカット売りが中心です。

西瓜はカットされて冷蔵保存されても、

他の果物よりビタミン類やポリフェノール類の減少率は低いとされています。

投稿者 maruyasu : 09:57

2012年08月01日

食物繊維と梨

%E6%A2%A8%E3%81%B6%E3%82%8D%E3%81%90.jpg

最近、食物繊維が見直されています。

昔、イギリスの医学者が西欧人とアフリカの原住民の

食生活を調査したところ、西欧人に多い成人病は、

脂肪やタンパク質の取り過ぎと食物繊維の不足が原因だとされました。

マメ類や薩摩芋、牛蒡など根菜類からの食物繊維の摂取は知られていますが、

果物の梨にもたくさんの食物繊維が含まれています。

食物繊維は体内に入っても消化や吸収されないものです。

梨を食べるとザラザラした食感がありますが、

これは石細胞と言われ、まさに食物繊維そのものです。

この石細胞が消化されず、胃や腸を活発にさせながら胃や腸にたまった 

悪玉菌を体外に排出させます。

投稿者 maruyasu : 10:25

2012年07月26日

%E3%82%82%E3%82%82%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88%20077.jpg


桃の美味しい季節になりました。

果物をひとまとめに水菓子と言いますが、

まさに桃こそ水菓子の代表格といえましょう。

桃の原産地は中国の高原地ですが、

日本には山桃が自生していたため、

中国から渡来した桃は毛桃として区別されていました。

桃の花は3月に咲きますが、その姿が華麗なことから

平安時代に桃の節句が桃の開花時期に定められたそうです。

写真は山梨堀河農園の白鳳です。

桃の種や葉には薬用効果があります。

特に葉は桃湯と呼ばれ、アセモに効くとされています。

夏に桃を食べるとカリウムも摂取できて、

健康面でも効果的な水分補給といえます。

まさに桃は果物のスポーツドリンクではないでしょうか。

投稿者 maruyasu : 11:08

2012年07月10日

桜坊

さくらんぼ。

果樹園芸学や中国名で、「桜桃」。

漢字では「桜坊」と書いてさくらんぼと読みます。

英名はご存知チェリー。

バラ科のサクラ属に属します。

アメリカンチェリーの価格が安価ですが、

この時期山形、福島、秋田、長野産が入荷しています。

さくらんぼには缶詰やジャムにする酸果さくらんぼと

生食主体の甘果さくらんぼにわかれます。

さくらんぼは核果類ですが、種があっても果肉の比率が高く、

酸味と糖度のバランスが命です。

品種は高砂やナポレオン、

大玉で甘く果肉の比率が高い佐藤錦や南陽などがあります。

%E3%81%95%E3%81%8F%E3%82%89%E3%82%93%E3%81%BC%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E7%94%A8.JPG

投稿者 maruyasu : 13:22

2012年07月05日

バナナ

バナナはスーパー食べものです。

スポーツ観戦中、選手がエネルギー補給にバナナを食べているのを

見かけると何か自分も食べたくなるものです。

1984年ロサンゼルス五輪の時、

アメリカ選手団が競技の合間にバナナを栄養補給食にしたことが、

パワーフード・バナナのはじまりです。

バナナが日本に最初に入ったのはかなり古く、

ポルトガルの宣教師が織田信長に献上したのが最初です。

その後、明治時代になって日本の統治国・台湾より大量に輸入されました。

その時の品種は、仙人種と呼ばれる台湾バナナです。

自分は今でも台湾バナナが最高のバナナだと思っていますが、

最近ではフィリピン産のバナナが数多く出回っています。

1963年に自由化以降、安価に安定して供給され、現在にいたっています。

さて、写真ですが学生の頃、

テーブルマナーの時にデザートで最後に出て来た

バナナとナイフとフォークです。

これ結構大変でした。

長いバナナの歴史の中で、

高級果物と位置づけれた時代がバナナには有り

その証拠にナイフとフォークで食べる意味があったのでしょう。

%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%8A%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF.JPG

投稿者 maruyasu : 14:50

2012年06月21日

大衆メロン

メロンの季節です。

冬場から春先までは高級果物店で贈答用などで販売されている

アールス系が主流ですが、現在は全国各産地で栽培されている

アンデス系のメロンが多種多彩に入荷されます。

ご存知かも知りませんが、アンデスメロンの名前の由来は、

芯をとって食べられる。
      ↓
「安心ですメロン」
      ↓
「アンシンデスメロン」
      ↓
「アンデスメロン」

と、種子メーカーによって命名されたそうです。

アンデス山脈とはなんの関係もないのです。

多種多彩に入荷中ですが、最近では赤肉系統のメロンが好評です。

クインシーメロン、肥後レッド、夏場に入荷するライデン赤肉。

すべて北海道夕張メロンに負けない甘さです。

また、入荷がかなり先ですが、茨城産タカミメロンもお勧めです。

s_%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%A1%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E4%BA%88%E5%AE%9A%E6%84%9F%E6%80%A7%E7%89%88.JPG

投稿者 maruyasu : 06:50

カレンダー