東京・世田谷にて野菜卸・青果卸。野菜ソムリエの過去のブログ

旬の野菜

月別エントリー

« 2015年06月 | メイン | 2015年08月 »

2015年07月25日

今週の箱根西麓三島野菜

%EF%BD%94%EF%BD%94%EF%BD%90.jpg

今週の箱根西麓三島野菜の品目と生産者です。

オクラ 石渡常明

ズッキーニ 山本克彦

フルーツトマト 安井圭次

メークイン 石井 保

枝豆 芦川伊三雄

ピーマン 渡辺秀久仁

レッドアンデス 高沢義雄

小松菜 石渡武利

葉ねぎ 杉本繁

コリンキー 今井雅宏

投稿者 maruyasu : 03:49

2015年07月23日

頑張れ! 旭天鵬 

4304.jpg

暑い日が続いています。

名古屋場所は十一日目を過ぎました。連日の満員御礼の中 日本人三大関は

毎度のことのように観客の期待を裏切っております。

日本人横綱誕生はいつになることやら

遠藤は九州場所以来の勝ち越しですが照ノ富士の活躍にくらべれば

歯がゆいばかり

白鵬 鶴竜 照ノ富士 モンゴル軍団のアニキ分 旭天鵬の負け越しが決まりました。

元祖 外人力士 高見山の最多通算出場記録をやぶり今年四十歳

大きくてきれいなお相撲さん 体にはトクホン一枚貼っていません。

本人いわく 十両に転落すれば引退とか

負け越しても 六番勝てば幕内に残れるとか

あと白星三番 頑張ってほしいです。

投稿者 maruyasu : 05:00

2015年07月17日

今週の箱根西麓野菜

%E7%AE%B1%E6%A0%B9%E9%87%8E%E8%8F%9C%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88POP_0626.jpg

今週の箱根西麓野菜の品目と生産者です。

白茄子 丸茄子 オクラ 鈴木肇

南瓜  内藤茂樹

長茄子 石原常明

白南瓜 今井雅弘

ミニ胡瓜 小林菊雄

モロッコいんげん 鈴木寅雄

投稿者 maruyasu : 04:52

2015年07月14日

空芯菜

101819.JPG

台風九号が沖縄を直撃したことによって沖縄産四角豆、うりずん、島オクラなど

沖縄野菜の入荷が減少しています。

そのあと台風十一号の進路が気になります。

今週末に連休を控えていることを考えると頭の痛いところです。

夏の葉物といえば空芯菜。美味しいと感じる歯ごたえとクセのない味。

同じ夏の野菜であるつるむらさきにくらべると大きな違いがあります。

空芯菜はヒルガオ科のさつまいも属に分類されます。

なんとなくさつまいものつるに似てなくもないような気がしますが

空芯菜の茎はご存じのとおり空洞です。

空芯菜の花はあさがおに類似しているのでアサガオ菜とも呼ばれています。

強火でサッと塩炒めがお勧めです。


投稿者 maruyasu : 02:16

2015年07月10日

今週の箱根西麓野菜

%21cid_A60464A6-156E-4761-8797-CD4118DE3EEE.jpg

今週の箱根西麓野菜の品目と生産者名です。

茄子 石綿常明

おくら 鈴木肇

ズッキーニ 山本克彦

メークイン 石井保

枝豆 芦川伊三雄

赤馬鈴薯 高沢義雄

かぼちゃ 内藤茂樹  

投稿者 maruyasu : 04:49

2015年07月05日

ズッキーニ

%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%9A.jpg

最近、夏野菜の定番はズッキーニ。

ズッキーニは胡瓜に類似していますがかぼちゃの仲間です。

最近では黄色のほかに円形状の物も栽培されています。

産地も全国に広がり周年出荷されますが、この時期がまさに旬。

油との相性もよく、炒めもの、素揚げなどどんな料理の具材にもなります。

緑色より黄色のが方が柔らかいといわれいますが、

黄色ズッキーニを使ったお酢とごま油の和え物がお勧めです。


投稿者 maruyasu : 14:41

2015年07月01日

土の中の農産物が高い

%E7%9F%B3%E7%94%B0%E3%81%95%E3%82%93%E7%8E%89%E8%91%B12.jpg

七月になりました。

大相撲名古屋場所の番付も発表され風鈴の音が気になる季節となりました。

今年の六月はまさにカラ梅雨、水無月そのもの。

その影響か馬鈴薯や玉葱の相場が下がりません。

こんな年は初めてだとイモ、タマ担当の諸先輩は嘆いています。

関東近辺から北海道に産地移行する時、毎年わずかに価格が上がるのが常ですが、

今年は九州産から関東物まで一貫して高値安定。

北海道産が本出荷されるまでこの価格は維持されそうです。

土の中には数多くの微生物が存在し未開の部分があるといわれていますが、

根菜類にとって雨や気温以上に土の中の環境が影響されるのは間違いありません。

そんな中、野菜生産ベンチャー企業のみ らいが東京地裁に民事再生法の適用を申請しました。

いわゆる経営破綻です。

気候や害虫の影響をうけず、土地の力を借りず植物栽培、

すなわち野菜工場の確立による野菜の生産と販売をもくろみた企業です。

液肥やLEDを活用して野菜を大量生産し販売する。

考えてみれば、お百姓さんの苦労を愚弄した企業だと思いますが.....。


  


投稿者 maruyasu : 02:44

カレンダー