東京・世田谷にて野菜卸・青果卸。野菜ソムリエの過去のブログ

旬の野菜

月別エントリー

« 2014年09月 | メイン | 2014年11月 »

2014年10月20日

小春日和

%E6%A5%B5%E5%A4%AA%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AE.jpg

小春日和 と言うと春を連想しますが 冬の始まりの前の

穏やかな温かい日のことです。 しかし朝晩は確実に冷え込んでいます。

その証として紅葉スポットは確実に北から南下しています。

写真はエレンギです。

ここ数年で消費量が確実に増えた茸です。

周年 安定して入荷し和洋中華何にでも使える食材です。

九十年代初頭に台湾から入荷され

かおりひらたけ と言う名前で流通されました。

トレハロース ナイアシン カリウムなど

骨粗しょう症 冷え症 高血圧など

生活習慣病予防となる成分が数多くふくまれています。

投稿者 maruyasu : 08:38

2014年10月11日

とまとの日

%E3%82%B9%E3%82%B8%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%88.jpg

またもや台風が来ています。気象庁の発表によると目のはっきりとした大型台風で

二週連続の日本上陸は十年ぶりとか

野菜の価格はここにきてかなり落ち着いてきましたが 

これからの産地である九州を直撃となると 

再び野菜の価格が高騰することが懸念されます。

十月十日というと 昭和の時代では 体育の日 秋の運動会のイメージですが

数年前 とまとバブルといわれる時期があり とまとを原料としたサプリメントやジュース等が大ヒット

全国とまと工業会なる機関が十月十日を 語呂合わせからとまとの日と制定

八百屋にしてみれば夏の真夏日に冷たく冷やしたとまとに塩をふりかけて

青臭さと酸味を味わう頃がとまとの季節と思うのですが

これから 先 お米や果実と同じように昼間と夜の寒暖差の恩恵を受けた

甘いとまとが入荷する予定です。

投稿者 maruyasu : 09:59

2014年10月01日

いもぼう

ebimaru3%20004.jpg

十月になりました。

野菜ブームの中 機能性野菜という言葉がよく聞かれます。

納豆や山芋 じゅんさい もずく オクラなど日本にはネバネバした食べ物が数多くあります。

これらのネバネバはムチンと言われる成分です。

人の体の粘膜はムチンに覆われています。

ムチンを含んだ野菜を食べることによって粘膜保護作用を促進します。

この時期に出回る里芋には旨みのもとであるムチンが多く含まれています。

日本は稲作文化に入る前に縄文時代中期に里芋文化があったと言われます。

十五夜に里芋を添えたり雑煮に里芋をいれるのはこの流れからです。

山でとれるからやまいも里村でとれるから里芋 これは本当の話です。

写真は えびいも里芋の中でも高価で一番おいしい芋とされています。

昨年は残留農薬の問題で出荷停止の時期もありましたが

今年は順調に入荷しています。

投稿者 maruyasu : 15:27

カレンダー