東京・世田谷にて野菜卸・青果卸。野菜ソムリエの過去のブログ

旬の野菜

月別エントリー

« 2012年12月 | メイン | 2013年02月 »

2013年01月21日

天恵緑汁の恩恵・塩トマト

22.bmp

弊社おすすめの期間限定商品が澤村さんの塩トマトです。

熊本県宇城市不知火町にある塩田の跡地で栽培される塩トマトは、

天然ミネラルが豊富な土壌ゆえの「糖度10度以上の甘み・酸味・コク」が他になない特徴です。

肥料は、筍やあけび、川岸のクレソン、野原のよもぎ、海藻などの天然の材料にこだわり、

それらを黒砂糖に漬け込み液肥をつくっています。

これらを米ぬか、採種油粕、魚粕などを混ぜ合わせぼかし肥料として使っています。

澤村さんの農場では塩トマトだけではなく有機栽培のトマトもつくっています。

その内塩トマトになるのはほんの僅かで澤村さん曰く、

「トマトに聞かないとわかりません。」とのことです。

栽培に手間がかかるため、収穫できるのは普通のトマトの3分の1。

澤村さんと塩トマトの出会いは1999年の大型台風のとき。

高潮の影響で海のすぐ近くにある農場が海の下に。

ハウスの中を鯛が泳いでいたそうです。

向こう3年間は栽培できないだろうと言われたその土地で、

「一か八か土の力を試そう」と栽培してみると、

糖度10度以上の甘い小ぶりなトマトができたそうです。

澤村さんのこだわりと海と大地が生んだ偶然の味。

どうぞご賞味ください。

投稿者 maruyasu : 02:20

2013年01月16日

冬のほうれん草

50f0be2d72b0730a47178deb.jpg

ほうれんそう。

PTAの連絡網のノリで行くと、「報告、連絡、相談」

さらにその昔、子供の頃に見た白黒TVでは、

ポパイがほうれん草を食べて、筋肉モリモリ。

まさに野菜嫌いの子供に栄養満点のほうれんそうを

食べさせるための漫画家の思い。

あの頃のほうれん草は根が赤く甘かった。

今、日本には百種類以上のほうれん草の品種があるといわれています。

ザックリ分けると西洋種と日本種と交配種に分けられます。

ほうれん草は周年販売されていますが、冬場栽培されている根の赤いものが一押し。

本来ほうれん草は暑さと水気が大敵とされています。

日本種のほうれん草の種は大きく三角状で、

種蒔きに大変手間がかかると言われています。

この時期には寒締めまたはちぢみほうれん草といわれる

糖度の高いほうれん草も出回っていますが、

弊社取扱いの日本種ほうれん草を一度ご賞味ください。


投稿者 maruyasu : 15:56

2013年01月15日

一月十五日はいちごの日

%E6%9E%9D%E3%81%A4%E3%81%8D%E8%8B%BA.jpg

今日はいちごの日と制定されたそうです。

最近こそ国産のいちごは周年ありますが、昭和40年頃は3月から5月がいちごの旬。

そのころ、ダナーや宝交早生といった品種が主流。

今のようにパック詰ではなく、板箱や紙箱に詰められ販売していました。

ダナーなる品種は長方形型で大粒でした。

今ではまさに規格外の形。

女峰が出た時には感動ものでした。

やや酸味か゛強かったものの、色の濃さは抜群でした。

最近ではクリスマスウィークをターゲットに11月からいちごは入荷しますが、

品種はとちおとめ、やよいひめ、ほのか、さちのか、ゆめのか、かおり野、紅ほっぺ、あまおう。 

まさに、いちごの生産者にとっては戦国時代です。
 

投稿者 maruyasu : 03:20

2013年01月10日

大江ごぼう

%E5%B7%9D%E6%B5%B7%E8%80%81.jpg

京都都有機の会・古高さんから大江ごぼうが入荷しました。

最近、中国産が主流のごぼうの中で、大江ごぼうの香りと風味はピカイチです。

良いごぼうは火の通りが抜群に早いのが特徴です。

すばやく火を通してたたきや素揚げに使うには最高の具材です。

もちろん今話題のごぼう茶にも最適です。

古高さんの圃場は京都府福知山市の由良川のわきにあり、

土壌質はごぼうに最適です。

ちなみに写真は毎年送っていただいている川エビ(手長海老)の写真です。

これも抜群にうまいのです。

投稿者 maruyasu : 12:17

2013年01月07日

春の七草

6b886e01433a449d8bd0232b1f8ac210.jpg

最近、ミニ野菜がスーパーやコンビニで販売されていますが、

一月七日に店頭に陳列している七草セットには日本の古い習慣が込められています。

正月の御節料理で疲れた胃を癒すため、

セリ、ナズナ、コギョウ、ハコベラ、ホトケグサ、カブ、ダイコン

この七つの野菜を粥にして食べる。

その昔、粥を常食にする中国から伝来したとのことですが、

しかし今年の七草セットは大寒波の影響か、

こころもち小さいような気がします。

投稿者 maruyasu : 03:01

2013年01月05日

新年 あけましておめでとうございます。

%E6%A1%83%E3%81%AE%E8%8A%B1%E8%A6%8B%20071.jpg

新年 あけましておめでとうございます。

昨年中は格別のご厚意を賜り誠に有難う御座いました。

スタッフ一同不慣れな点もあり何かとご迷惑をお掛けした一年でありましたが お取引皆様方の

温かいご支援により止め市を迎えることができました。厚くお礼を申し上げます。

今年も一層の飛躍を期して邁進いたしますのでご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

末筆ですが お取引様の新年のご発展を心からお祈りいたします。


                              代表取締役  宮澤克規   


投稿者 maruyasu : 09:48

カレンダー