東京・世田谷にて野菜卸・青果卸。野菜ソムリエの過去のブログ

旬の野菜

月別エントリー

« 2011年12月 | メイン | 2012年02月 »

2012年01月28日

福島より悲痛なお願いが

grd.jpg

茨城の生産者から緊急を要するメールが届きました。

基本的に脱原発運動は大都会の人たちだけがするものではないと思います。

もっとも被害を受けて今なお苦しみ、

復興再生を望んでいる福島の人たちや

立場の違った人たちが一体となって議論することが大切だと思います。

しかし脱原発運動の名を借りて反政治運動はいかがなものかと思います。

それを踏まえてご理解ご賛同の方は是非こちらを

投稿者 maruyasu : 12:17

2012年01月20日

音も匂いもしない

p1.jpg
昨年暮れ、ニスモフェスティバル(日産自動車開催の催事)に行ってきました。

この写真の車、電気自動車のレーシングバージョンです。

実走している所を見ましたが、

当然といえぱ当然ですが音なし匂いなしです。

かすかに聞こえるのはタイヤからのロードノイズと

ボディにあたる小石の音だけ。

それでも加速性能はかなり優れていて見ためもタイムも速い。

その時一緒に混走していた1970年代のTSサニーやスカイライン車は

カストロールオイルの焦げた匂いをばらまき、

しかも心地よいキャブの吸入音やシフトダウンの音を立て、

それがなんともたまらなく懐かしい。

電気自動車が低炭素時代の切り札と言われていますが、

日本中の車を電気自動車に変えたら原発がいくつ必要なのか。

たしかに化石燃料の限界量を考えるとどっちとも言えないが、

せめて原発が安全だと認知されるまでは電気自動車には静かにしていただきたい。

投稿者 maruyasu : 13:09

たかがキャベツされどキャベツ

1%20051.jpg

キャベツというと何かとありふれた食材ですが

この野菜ある意味万能野菜です。

とにかく一年中市場やスーパーの店頭に切れることなく並びます。

夏は高原野菜として生食や漬物、

冬は寒玉とよばれ煮ても茹ででもどんな調理方法でも良しです。

キャベツの生育適温が五度から二十度と環境適応性が高いことから

生命力の強さもこの野菜の強みです。

キャベツや大根、白菜などのアブラナ科の野菜は

この時期凍らないために糖分を作り越冬に備えます。

そして春先トウ立ちし花をさかせ種を残します。

この時期愛知県産の物が中心ですが

その中でも糖度が高いものは十三度あるそうです。

冬の寒玉キャベツ甘藍を一度ご賞味ください。

投稿者 maruyasu : 13:07

2012年01月10日

大寒波と干ばつ

%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0.jpg

暮れからの冷え込みと雨不足の影響で

キャベツや洋野菜の一部が高騰しています。

毎日お世話になっているのになかなかその恩恵に

気づかないもののなかに太陽があります。

朝、やわらかい光でわれわれを眠りからさまさせ、

昼間には洗濯物をかわかせ、

夕暮れには美しい夕焼けをみせてくれる。

そんな太陽のおかげでわれわれは生きています。

おのずと多くの農産物も太陽の恩恵をうけ成長しています。

一年のはじまりに初日の出を拝みにいくのも

すべて太陽に対して感謝の気持ちからだと思います。

この寒さに負けずに大根や白菜は糖度を増し出荷されています。

今後日照時間がのびることにより価格も下がると思われます。

ご理解のほどよろしくお願い致します。

投稿者 maruyasu : 14:59

2012年01月07日

見た目も歩留りも味も良い有機野菜

%E4%BB%B2%E5%B1%85%E3%80%80%E3%81%BF%E3%81%9A%E3%81%AA.jpg

西高東低の気圧配置の影響で関東はまさに冬真っ盛り。

昨年10月から茨城ギルド産のみず菜が順調に入荷しています。

このみず菜は有機認証されたハウス圃場より生産された弊社自慢の野菜です。

もうかれこれ10年以上のお付き合いですが、

「有機農産物=歩留りや見た目が悪い」というイメージを覆す

ギルド力作の有機野菜です。

価格も周年かわらず慣行栽培のものよりむしろ安いかもしれません。

サラダで食べるよりこの寒気に負けないためにも

鍋料理の食材としておすすめしておりますので一度ご賞味くださいませ。

投稿者 maruyasu : 14:19

2012年01月04日

新年 明けましておめでとうございます。

jas%E3%81%A8%E3%81%8F%E3%81%BE%E3%81%A8.jpg
新年明けましておめでとうございます。

昨年暮れから熊本より塩とまとが入荷しています。

例年であれば二月からの入荷予定ですが、

去年は雨も少なく順調な生育とのことです。

塩とまとも色々流通されていますがルーツはどこなのか。

最近では東北の海岸近くで栽培されたとまとも

塩とまととネーミングされ出回っています。

弊社がはじめて塩田効果による高糖度とまとと出会ったのは

高知県の徳谷地区のとまとでした。

弊社のお取引のある肥後あゆみの会澤村輝彦さんは今年気合十分です。

これから四月まで高糖度の塩とまとが入荷する予定です。

ご期待ください。

尚、肥後あゆみの会の日々奮闘記はこちら。

是非ご覧ください

投稿者 maruyasu : 16:45

カレンダー