東京・世田谷にて野菜卸・青果卸。野菜ソムリエの過去のブログ

旬の野菜

月別エントリー

« 2010年01月 | メイン | 2010年04月 »

2010年03月05日

農林水産省有機JAS規格に関する意見交換会に出席して

%E6%A1%83%E3%81%AE%E8%8A%B1%E8%A6%8B%20051.jpg

先日農林水産省が主催した有機JAS規格の意見交換会に出席しました。

パネリストにはTVでおなじみの大手居酒屋チェーン店の会長や

昔深夜放送のDJをしていて今は絵本などを作成している女史、IFOA0Mの理事など

農林水産省の人選らしい顔ぶれでした。

印象に残ったこととしては、前出の会長の発言で「有機野菜はブランドである。しかも手間隙かかってい

るから当然高く販売するのがあたりまえ」とありました。

ごもっともな泣かせる話ですが、数十年有機流通に関わっている自分としてはそんなことが簡単にでき

れば弊社の裏には蔵の一つや二つたっているはずです。

一方で自分も学生時代によく夜更かししながら聴いていた某深夜放送のDJ女史は古くから

有機農産物の生産販売にかかわっていたため、現在の慣行野菜の販売価格と有機野菜の

価格の差がないことなど現実的な話をしていました。

ブームに乗っているなと感じる会長と歴史の重みを感じさせる女史。

各々の立場の違いはあれど有機野菜に対する認識の違いを痛感しました。

まあそれはさておき昨年の秋ごろの天候不順により根菜類、特にたまねぎやじゃがいもが

有機も慣行栽培も価格の差があまりないのが現状なんです。。


 

投稿者 maruyasu : 09:10

カレンダー