東京・世田谷にて野菜卸・青果卸。野菜ソムリエの過去のブログ

旬の野菜

月別エントリー

« 2007年05月 | メイン | 2007年08月 »

2007年07月31日

有機栽培なす

%E3%82%AE%E3%83%AB%E3%83%89%E3%80%80%E3%81%AA%E3%81%99.JPG

この写真は大黒田という品種のなすです。この圃場も茨城県ギルドの圃場です。

今年は六月から七月の前半まで空梅雨で雨が少なくとまとやなすは順調に育ちました。

心配なのはこれから発生し襲ってくる台風の被害です。

なすは油にも良く合い炒めものや煮物にも良く使われ食材としてはどんな料理にも使えます。

なすの栽培は連作障害が出やすいとのことですがギルドでは有機栽培で栽培されたなすを順調に出荷

しています。昨今 野菜ソムリエなどの紹介で水なすなどを生食で食べるのが流行っていますが

ギルドの有機栽培なすも採りたてはほのかなリンゴの風味がして十分サラダで食べられます。

一度ご賞味ください。

投稿者 maruyasu : 08:58

2007年07月27日

今年のギルドの有機とまとはうまい

2005_0602%E7%94%BB%E5%83%8F0021.JPG

先日 茨城県の有機農業生産法人のギルドに行きました。この写真は有機栽培によって栽培された

とまとの写真です。農産物は生まれてから収穫されるまで虫や有毒物質から身を守る習性がありま

す。それだけではなく体内に入ってきた有害物を解毒や除去する能力も備わっています。        

今 話題のボリフェノールやカロチノイドなどは植物からできる薬効成分のことです。

もちろんこれらの成分は野菜を食べることによって人の体内でも効力を発揮します。

ギルドの有機栽培とまとにはリコピンという色素の成分が数多くふくまれています。この成分には

抗酸化作用があるといわれています。野菜ソムリエの授業で学習しましたが

強い日差しやしつこい害虫などによる厳しいストレスに絶えた野菜や果物ほどリコピンを多く含み

人間の健康増進に寄与するとのことです。まさにギルドの有機栽培とまとは有機農法という厳しい環境

から生まれた太陽の産物です。

投稿者 maruyasu : 10:29

カレンダー